コルト リジカラ  ムーンフェイス ロアアーム

ムーンフェイスのロールセンターアジャスター付きロアアームとコルトスピードの補正タイロッドエンドの交換にSPOONのリジカラの取付です。

 

リジカラ取付作業

フロントリジカラ  リアリジカラ取付

前後のリジカラの装着から初めます。

後ろのリジカラはトーションビームの根本の部分に挟み込みます。

サイズ感はさほど無い感じのリジカラでした。

フロントはボディとメンバーの間に入れていきます。

この車両のロアアームはメンバーを下げて抜かないとボルトが抜けませんのでこのまま同時にロアアームとタイロッドエンドを交換していきます。

ロアアーム交換とタイロッドエンド交換

ロアアーム交換  ロールセンター変更

 

まずロアアームです。

ロアアームの脱着には先程のメンバーダウンの他にドライブシャフトをずらす必要があります。

ずらしたらボールジョイントプーラーが入りますので純正を外すことができます。

あとは逆の手順で交換ですがこの商品の取付にあたってバックプレートの加工が必要になります。

あたる部分のみを加工し切断です。

取付完了です。

これでロールセンターの補正ができました。

続いてCOLTSPEEDの補正タイロッドエンドの交換

タイロッドエンド

タイロッドエンドも補正用のパーツを取付ます。

この商品もロールセンターアジャスターもですが純正のサスペンション以上のダウン量でも正確な動きを維持できるようになってきます。

ジオメトリーの変更はどんどん足回りの動きが難しい方向になってきます。

純正の足回り交換はバンプまでの距離が純正の高さであれば結構あります。その距離までは純正のアームでも問題無く対応ができるよう車は開発されています。なので通常の街乗りでの仕様であればここまでの部品は必要が無いと思います。ですが車高がその純正の限界より低い場合はアームの動きが正常に作動できません。その場合にこういった部品で補正し車両のもともとのジオメトリーを崩して新たに作り直しアームの動きがしっかりできるように補正することが重要になってきますね。

そうするとコーナーでの車高の変化でのキャンバーの入り方などが変わってきますのでうまくいけばかなりの安定感が車高が低くても得られる用になってきますね。

交換後の四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントです。

ロワアームの変更やタイロッドエンドを外していますので必ず四輪アライメントが必要になります。

現在のキャンバーの数値でかなりの内ベリがしています。

現在JICの車高調仕様になっています。固い車高調なのでトーとキャンバーの調整がシビアになってきます。キャンバーは現在のキャンバーより少しおこして調整しトーを調整です。

ロールセンターの位置の変更によりキャンバーの入り方が変わってきますのでとりあえずは現在の数値で様子見ですね。 タイヤも現在内ベリが結構ありますのでお早目の交換をお進めいたします。

 

コルト

それではこの度はありがとうございます。

静岡県よりご来店ありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 ロアアームとエンド交換18000円(税別) リジカラ取付16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)