B14ビルシュタインキットの装着

ビルシュタイン車高調

B14のクラブマンのサスペンション交換です。

ビルシュタインの車高調の取り付けとリアのリジカラの取り付けです。

以前にフロントは当店で装着済みです。

クラブマンにビルシュタインのマッチングはどうですか。

ワイドトレッド×ロングホイールベースが強調された新型MINI Clubmanに相応しい安定性と大柄なボディーを感じさせないダイレクトな操舵性、そしてフラットでしなやかな走行感をマッチさせたネジ式車高調整サスペンションキット(B14)をビルシュタインテクニカルセンターで開発しました。
車高を40㎜ローダウンさせることでワイド&ローで精悍なフォルムとしながら
快適な乗り心地を実現するために入念なセッティングテストを繰り返しました。完成度の高いビルシュタインならではの乗り心地をこの機会に是非お試しください。

ビルシュタイン様:MINI Clubman F54用 B14

ビルシュタインの内容は車両のイメージと結構あっている場合が多いです。

装着作業

フロント車高調  リア車高調

今回のキットはビルシュタインにしてはダウン量が多いです。

車高のダウンは25mmほどにして推奨上下幅範囲内で調整をおこないます。

アジャスター的にはまだ推奨よりも余裕がありますが乗り心地を損なわないギリギリなんでしょうね。

取り付けは特別問題になる個所も無く装着できます。

リアの1Gでの締め付けが少し内側なので遮熱板等をずらさな無いとできませんでした。

ボルトがすべてE型のトルクスネジなのでトルクが慣れていなくてわかりづらいし工具がかけづらいです。

あまり増える用なら工具の追加もありかなって思います。

E型トルクスとは

トルクス®とはアメリカのCamcar社が開発したねじの規格です。タイプはT型とE型とに大別され、ボルト頭と工具の接触面が曲線で構成されているのが大きな特徴です。従来のボルト・ナットと比べてトルクの伝達効率が高く、また磨耗や割れの原因となる応力の集中が少ないため、耐久性も高くなっています。トルクス規格は、その優れた特徴や作業性の良さから自動車産業をはじめとする各種産業機械に広く採用されており、今やプロの必須工具となっています。
「トルクス」という名称は、アキュメント社の登録商標であるため、一般には「ヘックスローブ」(6つの耳たぶという意味)と呼ばれています。KTCは、アキュメント社からライセンスと技術指導を受けており、「トルクス」という名称を使用することを正式に許諾されております。 引用元:KTC様 工具の基礎知識 「トルクスレンチ類」

 

6角のボルトより工具がかけにくいし舐めやすいので注意が必要なナットです。

なんでこんなのにしているのかはわかりません。

リジカラの装着

リジカラ  リジカラ

 

リアのリジカラの装着です。

効果がありそうな感じは取り付けた感じうーんって感じですがこればっかりはですね。

足回りをビルシュタインに交換していますのでビルシュタインでの体感が大きいのでリジカラの体感は難しいですね。

交換後の四輪アライメント

MINI

四輪アライメントはこの車両は前後のトーとリアのキャンバーの調整になります。

数値も迷いましたがフロントのキャンバーの数値の調整ができませんのでバランス良くリアのキャンバーを決めトーをキャンバーに合わせ調整です。

結構しっかりとした足回りです。

調整後は気持ちよく走れるようになりました。

タイヤがランフラットなので余計に固さが出ている気がします。

ストロークは問題無いのでコーナーでの安定感も良い感じでした。

 

リア車高  MINIクラブマン

車高は程よくダウンです。ビルシュタイン設定ですともう少し低いです。

クラブマンも結構増えてきましたね。

奥様のお車だそうですが足回りはいつもビルシュタインだそうです。

MINIリアクラブマン

そして

差し入れ

ビールの差し入れありがとうございます。

帰って晩酌させていただきまーす。

 

 

それではこの度ははありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 サスペンション交換25000円(税別) 四輪アライメント15000円(税別)は リアのみリジカラ取り付け10000円(税別)