TGSスプリングとKYB new SRの持込取り付け

TGSスプリング  KYBショック

インチアップ無しの乗り心地改善のためのスプリングです。

商品説明は

純正フォルムを保ちつつ、走行性能の向上を実現するカスタムサスペンションです。既存4WD車の基準を超える走行性能を与えられたD:5ですが、純正の最大公約数的な味付けのセットアップでは、追加装備による重量増や、大径ホイール装着に対してまでは対応し切れていないと言わざるを得ません。
「純正スタイルのキープ」「乗り心地」「走りの性能」、カスタムにこだわりをお持ちのユーザーの要求を高次元で満たすべく、D:5を知り尽くしたTGSが高性能カスタムスプリングを提案いたします。
製品はノーマルのフォルムを尊重する±0mmハイトに設定。ベンチテストだけでなく、実走テストの繰り返しを経て決定された絶妙なバネレートにより、アンチロール性能を確保しつつ、節度有る作動感と乗り心地の良さも確保。スポーティー&コンフォート、相反するドライブフィールを高次元で両立しました。

TGS様; Anti Roll Suspension ±0(D)

だそうです。

以前も何度か組んでいますが車高の変化あるタイプは良く付けますが車高の変化の無い方はあまり取り付けた記憶がすくないです。

KYBとのショックの相性はどうですしょうか。ね。

取り付け作業

フロント足回り交換  リア足回り交換

スプリングの長さはほぼ純正と同じです。

巻き方が純正とは若干違います。

KYBのnewSRも推奨より減衰力が少し高くなっていて反発力が強めのショックです。

組んだばかりは馴染みがでるまで硬そうなイメージです。

ノーマルでのしっかり1Gでの締め付け直しは全箇所行います。

この車両はフロントは1Gでの締め付け直しでアンダーカバーの脱着が必要になります。

車高の高さ

ふろんと車高  リア車高

高さはノーマルとほぼ変わり無しです。

ディーゼルの車両のCV1Wになります。

試乗の感じは固めのセッティングで四駆感のある乗り心地では無いです。

しっかりと安定感のある乗り心地が確保できそうです。

交換後は四輪アライメント

デリカ四輪アライメント

四輪アライメントです。

リアキャンバーは車高の変更はほぼ無いのでネガキャンバーで問題は無いですがフロントのキャンバーはポジです。純正調整範囲ではネガには難しですね。

足回りの動きが馴染みでも硬めでしたら少しタイヤは外減り方向になる場合があります。

安定感を増したい場合はキャンバーボルト(モンローやアムテックス)の商品のご検討もよろしくお願い致します。

お客様自身スポーツカーより乗り換えなようで純正の四駆っぽさがイマイチだったそうで今回このセットを選ばれたそうです。

乗り心地のついでにドレスアップや乗り心地の追求や皆さん色々です。

楽しいですね。ご自身の納得がいく乗り心地になると運転もかなり楽しくなると思います。

 

デリカD5

それではこの度はありがとうございます。

また機会がございましたらよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 サスペンション交換16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)