D-MAX SUPER STREET車高調の取り付け

ドリフト用の車高調ではメジャーな車高調ですね。

SUPER STREETは、先行してシルビア系をメインに発売をスタートしました。 開発ドライバーには、2014年より D1 GRAND PRIX に100マークⅡで参戦している手塚強選手に全面協力して頂き、ショックのセッティングから バネレートのセットまで納得いくまで練習マシンでしていただきました。装着後、サーキット走行テストを繰り返し てもらい、トラクション・ハンドリングの操作性・幾度と交換したバネレート サーキット走行中心の方ドライバー から、普段のストリート走行される方まで、幅広く対応できる事が、D-MAX「SUPER STREET」の求める形です。 シルビアの開発時に求めた、ハイスペックでローコストなサスペンション「基本性能・減衰力・調整・バネレート 設定・基本構成パーツ」すべて妥協しない事を条件に開発したのが、この「SUPER STREET SUSPENSION」 です。

D-MAX様 SUPER STREET FOR TOYOTA

価格も以外にリーズナブルでした。

車高調の装着

  

今までも車高調仕様でしたが前後のロアブッシュが完全にキレてしまっていました。

JZX100系の足回りはこのブッシュでもかなり乗り心地が代わってきます。

取り外しと取り付けはブッシュを完全に緩めれば特別問題なく交換できます。

新品のダンパーはいいですね。組み付けにも手間がかかりません。

1Gでの締め付け直し

車高の高さは現状よりリアの1cm下げでの取り付けです。

前後ともに車高がきまれば1Gでの締め付け直しです。

現状リアアームはアッパーともう1箇所以外はすべてピロボール化されています。

ピロボール車両はリアの動きはよくなりますがブッシュの効きが無い分足回りの性能で動きが決まるため車高調のセッティングもシビアになります。

ブッシュよりピロの方が車高調自体に柔らかさがでる場合が多いです。

フロントはほぼブッシュなのですべて行います。

ロアアームのNo2の動きがかなり大きくなっていますのでクイック感が損なわれている感がありますので交換はお早めにオススメさせて頂きました。

試乗ですがドリフト専用ダンパーと言う感じよりはかなりワインディングできそうな感じの車高調に感じます。

車高調のセッティングがでていそうな感じがします。

四輪アライメント

今回は数字指定での四輪アライメントになります。

今までの数値はかなり悪そうなので参考にはなりませんでした。

アライメント数値のでの足回りの動きやコーナーでの方向性なので色々とお話をさせて頂きました。

現状の数値をベースに考えご自身にあった数値に持っていければいいなかと思います。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 サスペンション交換18000円税別 四輪アライメント10000円(税別)