中古の車高調の取り付け

ブリッツベースでアラゴスタのスプリングにヘルパースプリングの装着の商品です。

ブリッツのショック自体減衰力調整式なのである程度のバネレート変更ならセッティングはでそうです。

車高調取り付け

バネレートは何キロなんだろう??

わかりませんがスプリングのハイトは短そうです。

今回は最低地上高10cmで調整です。

足回り交換作業

フロント車高調取り付け リア車高調取り付け

先程は86でブリッツで今回はブリッツの仕様変更の商品です。

リアのショックは仕様変更前の商品でした。

交換前はすべてのブッシュを緩めて作業をおこなっています。

フロント車高 リア車高

車高は指2本ほどで最低地上高10cmほどでした。

車高が決まったら1Gでの締め付け直しをおこないます。

1Gでの締め付け直し

1G締め付け直し

ストロークは問題なさそうです。

しっかりと締め付け直しを終え試乗です。

先程組んだブリッツに比べかなりハードな仕様です。

サーキット仕様でしたら問題は無いですが街乗りになりますとタイヤへの影響がでそうです。

交換後は四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントは街乗り仕様でのセッティングです。

足回り交換の動きが少ないためセッティングも純正の数値では全く対応できません。

ノーマルに調整したらきっとノーマルの方がコーナーや直進性能は上になるでしょうね。

タイヤへの影響も考えますので走りやすさばかり街乗りの場合は追求できません。

できるだ両立できる数値で調整し作業完了です。

ブリッツのショックはキャンバーもキングピンも両方の調整が可能になります。

サーキット走行などに変更の際は調整ができる箇所が多いほどセッティングも取りやすくなってきます。迷う場合も多くなりますが。

今後が楽しみですね。

BRZ

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円税別 四輪アライメント10000円(税別)