ブリッツ車高調の取り付け

ブリッツ車高調

86後期への取り付けです。

車高は指1本ほどで減衰力は中間で設定です。

スタビリンクは付属でしたが純正と長さが同じなので耐久性を考え今回は純正のままでおこないます。

取り付け作業

フロント車高調  リア車高調取り付け

新品のブリッツの車高調の取り付けです。

特別取り付けに問題や注意点も無いです。

現垂直の延長ダイアルと言うかロッド自体を長くし調整を容易にできるようになっています。

穴あけ加工

減衰力延長ダイアル加工

内張りに穴あけ加工をしロッドを出します。

荷物には注意が必要ですね。あんまり重たいものがあたると中空のボルトなので折れる可能性もありそうです。 ブリッツのこのタイプをよく付けていますが折れてしまったって聞かないので案外大丈夫かもしれませんが気になることはご説明です。

交換作業完了には1Gはでの締め付け直し

1G締め付け直し

車高の高さがきまれば1Gでの締め付け直しです。

ブッシュを最適な状態にし締め直しを行います。

車高が決定するまでは緩めっぱなしなのでこの作業で取り付け作業は完了です。

さて走行です。

乗り心地はさほど悪くはないです。スポーツカーな感じの足回りです。

車高の高さ

フロント車高  リア車高

指1本ほどの車高で最低地上高は9cm近くあります。

後期はフォグとウインカーの位置に変更がありこの車高での車検はOKです。

足回り交換後の四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントはフロントのキャンバーとトーの調整が可能です。

ブリッツの車高調はストラットボルト長穴とピロアッパーマウントでの調整が可能です。

今回は街乗り仕様と言う事で単純にキャンバーでの調整です。

SAI(キングピン軸)は変更をせずで行います。

街乗りではまずは基本のセッティングでタイヤの状況や走り方で今後徐々に変更をおこなっていく方がいいですね。

リアはトーのみの調整になりますので前後バランスを考え数値を決めました。

数値は基本なのでお客様の乗り方に合うかは今後の状況ですね。

調整後の試乗ではよく回る用になったと思います。あくまでも街乗りレベルのセッティングですからサーキット仕様とは別ものです。

ブレンボー風キャリパーカバーの装着

皆さんよくつけられるパーツですね。

純正に加工して取り付けです。

  

以前はステーでの方法で取り付けをおこなっておりましたが最近は取り付け方お変更しよりしっかり付くよう工夫をしました。パットが少なくなってきても対応できるように取り付けます。

 

ホイールから除く感じが大きいキャリパーに見えますね。

 

86 ZN6

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)