ダウンサス装着での四輪アライメント

調整前の点検でトーションビームのブッシュの亀裂を発見です。

角度から言うと1Gでの作業はおこなっていなそうです。

今回は1Gでの締め付け直しのご依頼もいただき作業の方をおこないました。

アルファードの1Gのサスペンション交換と1Gの締め直しについて

この型で足回り交換をおこなうときはこのトーションビームのブッシュは必ず緩めてかたおこないましょうね。

異型の形の部分が無理に不可がかかると亀裂が入りやすいです。

しっかりと最後は1G状態で締め直しましょう。

知識と経験が大事ですね。

四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントはトーとキャンバーの調整です。

走行距離の少ない車両ですがゴム部分は経年劣化してしまいます。

現状で左流れが多少あるそうです。

取り付け方の方法で改善がある場合もございますがひどくなる用でしたらアッパーマウントまでのコンプリート車高調などがオススメですね。

後期型は結構改善されていますがアッパーマウントに角度が付けてある車両なので改善しても劣化してこれば流れはでやすいですね。

メーカーバンプカットの指定がないようですが確認時はほぼバンプタッチなので車高の変化が余りあるようであればカットをオススメいたします。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 1G締め付け直しリアのみ2000円(税別)四輪アライメント測定+調整で10000円(税別)