中古のビルシュタイン車高調の取り付け

中古ビルシュタイン アリスト

ビルシュタインショックとTEINのスプリングの組み合わせです。

アッパーマウントは純正の物でした。どこかのオリジナル商品だったのでしょうか。

まず取り付け前の確認ですがフロントのアッパーがめいいっぱい締めてもトップナットのところにガタがでます。確実に異音がしてしまうのでワッシャー等で高さを調整し確認完了で取り付けです。

 

アリスト フロント車高調取り付け  アリスト リア車高調取り付け

ショック自体は4cmほどショートストロークになっています。

車高の高さは車検が通る高さでとのことなので最低地上高を確認しながら取り付けをおこないました。

車高も決まりエンジン始動なのですがエンジンから異音がなになに???

って何かがすっている感じの音です。キュリュウキュウって感じの・・・

アンダカバーを外して下回りを見てみるとなんと・・スタビが左右逆についていてクランクプーリーにあたっています。酷い取り付けです。

しかも取り付けで当たる部分に消音材まで巻いてあります。多分お客様にはTRDのスタビをつけるとあたるから巻いといたって説明したんでしょうね。

ショックが4cmも短いのでノーマルの長さのときは当たらなかったけ短くなることによりスタビの角度が代わりあたったのでしょうね。

これでは走れませんので通常の状態に取り外し戻しました。

アリスト スタビ  スタビ取り付けミス

戻せば当然ですがクリアランスも全く問題無い状態です。

 

車高の高さ  フロント車高

車高の高さはフェンダークリアランス指二本ほどです。リアはフロアの高さから少し低い状態です。

車高の高さが決まったら1Gでの締め付け直し

1G締め付け直し

1Gの締め付け直し作業をおこないます。

ブッシュ部分でフロントのロアアームNo2のブッシュが完全に破損しています。

走行に影響がでるレベルです。

アリスト ロアアームNo2

四輪アライメント

ブッシュに亀裂がありますが偏心カム等も外したり色々おこなっていますので四輪アライメントはおこないます。

数値は現状の足回りも適度な固さがあります。前後のキャンバーをおこし調整をおこないたいのですが運転席のトーロッドのロックナットが緩みません。炙って何とか少し動きましたが完全ロック状態で動かなくなりました。トヨタ車は多いです。

しょうがないので右のキャンバーでトーを調整しその部分を始点にその他を調整していきます。

ご来店時にハンドルセンターがだんだんズレてきて車屋さんに調整をおこなってもらっているそうです。

しかもハンドル側で・・・何でですね。

原因はフロントのキャンバーボルトのナットの締め付け不良でキャンバー角の変化によりトーが変わったのでしょうね。

色々問題はありましたが無事作業は完了しました。

ハンドルセンターがトーロッドが回らないため微調整ができません。

次回はロアアームのN02とタイロッドのロックナットの交換で四輪アライメント。これで一段落ですね。

 

 

アリスト

来月は車検だそうです。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) スタビ直し4000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)