TEIN MONOスポーツ車高調の取り付け

TEIN

サーキットでのスポーツ走行を楽しむような車種には、
スポーツ走行を考慮したセッティングを施し、ドライバーのスポーツマインドを高める正確なステアリングフィールに加え、しなやかさも兼ね揃えています。サーキット走行やワインディング走行を愉しんで頂けることは勿論のこと、減衰力の調整により、普段使いの街乗りも問題無く使用して頂けるセッティングとしました。

TEINさんのMONOスポーツの取り付けです。

今回はほぼ基準値での取り付けで作業の方をおこないます。

フロント車高調取り付け  リア車高調取り付け

まずサスペンション自体を組付けブッシュ個所は緩めたままで車高の高さを決め高さが決まった所で1Gでの締め直しの作業に入ります。

1Gでの締め直し

1G締め直し

ロードスターはブッシュの個所が多く車両が軽いためこの作業で乗り心地が変わってしまいます。

乗り心地もそうですが走りも全然かわります。

しっかりおこないましょうね。

リア車高  フロント車高

車高はほぼ推奨でOKでした。

フロントは推奨より5mm上げて説明書通りと言った感じでした。

取り付け後の試乗ですが四輪アライメントがかなりくるっている感じがあり気持ちよく走れません。

現在減衰力は中間ですが少し柔らかさを感じますね。

取り付け後の四輪アライメント

四輪アライメント

今回も気持ちよく走れる仕様に四輪アライメントの調整を行いました。

シッカリとしたストロークがありますので現状のスポーツタイヤでも数値次第で十分楽しめそうです。

サーキット走行を良くするようになる頃にはハイグリップタイヤで数値変更がいいかもしれませんね。

調整後の試乗はかなり乗りやすくなりました。高速道路やサーキットなどのきれいな路面の走行が多い時はもう少し減衰力を上げても面白い感じがします。

好みの場所が決まるとより良くなりそうな気がします。

 

 

ロードスター

それではよろしくお願い致します。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 足回り交換18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)