TRDショック+G’s純正スプリングの取り付け

純正部品  TRD

足回り交換時の純正部品も全部交換です。

当店ではかなりの数のアルファードの足回りをおこなっていますので見ればすぐどこの部品かわかりますがあまりこのなっていないと部品の場所を調べるのに時間が掛かりそうです。

TRDとG’sのマッチングはどうでしょうか。

 

フロント取り付け  リア取り付け

アルファードのG’sのスプリングはモデリスタよりおちますのでバンプはストロークを適度にだせるよう加工して取り付けをおこないます。

現在はGABの車高調でしたが車高は今の設定よりは上がりそうです。

 

G’s純正ブレスバーの取り付け

G's アーム

G’sはボディ補強も結構はいっています。

フロントはごっそりブレスバーが付きます。

G's アーム フロントアンダーバー

左の画像はリアのトーションビーム根本の部分です。

純正もついていますがG’sの物は強度があります。

ここの部分を純正でも変更してくるということは重要性はかなりあるという事です。

スプリングなどのバネレートが上がる場合は負荷がかかりやすいのですかね。

続いて右の画像はフロントの部品になります。

完全に鉄板で覆っています。最低地上高もかなりなくなります。

フロントはスタビを止める部分の台座がかなり大きくなりロアアーム後ろ側の強度と左右の合成を上げていますので車自体のたわみを減らしてより車の動きを足回り重視にしている感じがします。

試乗が楽しみです。

フロント車高  リア車高

まだG締め直しまでで四輪アライメントをおこなっていないので走りはいまいちですがプリウス等のG’sに比べると柔らかめに感じます。

TRDのショックとスプリングのセットに比べてもG’sのスプリングの方が柔らかく感じます。

多分ですがボディーが固まった分足回りの動きが感じられるようになるためストローク感を感じるような気がします。

柔らかいと言う表現は妥当ではないかもです。

 

 

四輪アライメント

さて四輪アライメントです。

四輪アライメントはフロントのみの調整可能な車両なのでフロントのキャンバーとトーの調整をおこないました。

試乗です。

中々いい感じです。マッチングがよすぎるのか乗り味に可もなく負もなくって感じです。これが一番いいのですが

初めて組んだセットだったのでマッチングが心配でしたが良い結果になったと思います。

ブレスバーも色々な物がありますのでどれでもつければいいってものでもないのでご自身の運転で感じたい要素を考えながら選ぶのも車を乗る楽しみが増えますね。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 足回り交換16000円税別 四輪アライメント10000円税別 ブレスバー取り付け5000円税別

 

 

アルファード