IS-Fに補正部品の取り付け

パーツ

まず、SPOONのリジカラを取り付けていきます。

リジカラ  リジカラ

フロントは割れなので入りづらいですが慎重に取り付け問題無く装着完了リアは割れタイプでは無く挟み込みをするタイプです。

ロアコンブッシュ 車高調

同時に玄武さんのロアコンブッシュを取り付けました。

この商品はキャスターの補正ができるものです。ブッシュも強化のものですね。

フロントは車高を5mmダウンもおこないました。

ロアコンブッシュを交換するとキャスターの補正もですがクイック感ときれいな路面では安定感が増します。ブレーキングは少しABSが聞きやすくなる場合もありますね。

クスコアーム  ロアアーム

さてリアもリジカラと同時にクスコさんのトーロッドとどこかのキャンバー調整機能つきのロアアームの交換です。

ロアアームはピロタイプになりますのでリアの反応がかなり良くなります。このロアアームはストロークが確保でき、ロアアームの角度が補正できるようにローダウンタイプになっています。

ショックは2cm伸ばし対応しました。ロアアームの角度の補正は大事ですがロアアームとアッパーアームの角度が純正と変わるためコーナーや直進時の沈み込みによるトーの入り方がかわります。

この車両にあったトーの数値は今後様子を見て変更が必要になるかもしれませんね。

すべて取り付け後は1Gでの締め直し

1G締め直し

1Gでの締め直しも同時にご依頼をいただきました。

この作業1つでかなりの乗り心地の変化があります。

しっかりブッシュが必要な役目を果たしてこそリジカラ等もいきてくると思います。

取り付け完了後の四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントです。

アッパーアームも社外調整パーツがついています。

ターンバックルタイプでは無いので毎回取り外しての作業が必要になります。

お客様の要望はキャスターも調整してほしいとのことですがアッパーアームでキャスターの調整をするとキングピンの軸がォフセットしてしまうためナックルの角度が代わりハンドルの戻りなどに影響が出る場合があります。

なので出来る限りの範囲で調整をおこないました。

リアはキャンバーをタイヤが逃げる範囲で調整しトーは指定の数値での調整です。

キャスター補正したのでタイヤがフロントのハウスにハンドルを切った時当たってしまいます。

今回はライナーをカットして逃げるようにいたしました。

さすがにここまでのパーツの取り付けですと4時間近くかかってしまいました。

乗り心地は足回り交換の動きがよく分かる車両になったと思います。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 リジカラ取り付け16000円(税別) 車高調整4箇所6000円(税別) 1G締め直し6000円(税別) アーム交換12000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)+ターンバクルでないパーツの調整で+3000円(税別)