1G締め直しの作業

1G締め直し

クルマがスタッドレスタイヤから夏タイヤに戻したら左に流れるようになったそうです。

車検時にロアアームのブッシュ等を交換を行っているそうです。

交換後の締め直しはディーラーさんなので1Gでは締めていない可能性大ですね。

1G締め直し後の四輪アライメント

四輪アライメント

現状はフロントキャンバーは1度ほどで問題ないタイヤの減り方でした。

1Gの締め直しで数値は変化しましたが左右差もそれほどないです。

走行距離が10万キロを超えていましてリアのショックは収まりが無い感じがします。

現在ビルシュタインなのでオーバーホールも可能です。動きが大きくなってくるとブッシュ部分の負担はかなりの物になります。

数値を調整し試乗です。

クルマが流れると言うよりはとられる感覚があります。

ここでタイヤについてですが

ローダウン車はスタッドレスよりタイヤを戻す時はできるだけ同じ位置に取付をおこなってください。

ローテーションも望ましくないです。

ローダウン車特に車高調車や硬めの足回りの場合ストロークが少なくタイヤの使う位置が決まってきます。当然ですが純正の用に満遍にタイヤはつかえません。四輪アライメントで過大になったキャンバーに見合ったトー角などに調整している場合も同じです。そのタイヤを違う位置に取付をおこなうとクルマの流れなどにつながってしまいます。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願い致します。

 

参考料金 1G締め直し6000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)